コンテンツへスキップ
   

第4回 平成30年度視覚障害・就労支援者講習会 応用編 『実践!視覚障害者のパソコンサポート -晴眼者のサポーター養成を考える-』


1. 概要

対象者:1)マウス操作には習熟している、晴眼のパソコン中上級者で、これから視覚障害者のパソコンサポートを始めたい方、
または始めてはいるが、もっと効果的なサポートをしたいと思っている方
2)視覚障害当事者のサポーターで、晴眼者のサポーターと一緒にサポートする場合のポイントを理解したい方

概要: 参加者には予め講習内容や受講目的についての簡単なアンケートに回答していただきます。講習では使用するテキストにあまりとらわれず、事前に回答いただいた講習内容への要望等を盛り込んだ形でワーク重視の講義・実技を行います。
 講習の中では晴眼者がサポートする際に有効な設定やロービジョンの方に有効な画面設定について特に重視し、各アプリやスクリーンリーダーの詳細な機能や操作ではなく、色々な利用者、利用環境を想定した対応方法やトラブル対応、考え方のセンスを養うような内容になっています。

講習環境、講習範囲:
・Windows10のPCのみ(スマホ、Macは対象外)
・Office2016(Word、Excelのみで、PowerPoint、Access、Outlookは対象外)
・スクリーンリーダーは、PC-Talker、NVDA、ナレーター、(Jawsは対象外)
・ブラウザIEとChromeメイン(ただし、IE、Edge、Chrome、FireFoxで共通して使える機能や操作を重視)
・デスクトップ環境で、タッチパネル操作は含まない
・点字対応機器は含まない

2. 開催日時

平成30年12月8日(土)・15日(土)

3. 講師

日本盲人職能開発センター 非常勤講師 野原 峰夫

4. 講義・実技内容

日程スケジュール内容
第1日目
12月8日(土)
○開講式(9:30~)
○講義および演習(~16:00)
(昼休み:12:00~13:00)
○情報交換会(16:00~17:00)
○開講式(9:30~)
○講義および演習(~16:00)
(昼休み:12:00~13:00)
○情報交換会(16:00~17:00)
【内容】
【AM】
・イントロ:参加者特性の把握と講習ポイントの確認
・ウォーミングアップのワーク
-各アプリの起動方法、移動・範囲選択・コピペ・検索の基本操作-
・視覚障害者のパソコン利用環境の概要とポイントの説明
【PM】
・晴眼者によるサポートのポイント(ワーク中心)
-利用者の画面を見ながらサポートするための各種設定やテクニック
・SRの起動、終了および基本的な設定(ワーク中心)
-PC-Talker、NVDA、ナレーター
・キーボードと基本操作(説明とワーク半々)
-キーボードの基本
-PC-TalkerのキーボードガイドやNVDAの入力ヘルプ機能の紹介
・1日目の振り返りとまとめ
第2日目
12月15日(土)
○講義および演習(9:30~16:30)
(昼休み:12:00~13:00)
○閉講式(16:30~17:00)
【AM】
・1日目の復習
・Windowsの基本操作(説明とワーク)
-メインコンテンツです
・ロービジョン者特有の設定と操作
-拡大鏡の操作や画面を見やすくするための各種設定
【PM】
・主要なアプリの基本操作
-エクスプローラー、Excel、Word、ブラウザ
・よくあるトラブルとその対応のポイント
・質疑応答とまとめ
・参考サイト、参考資料紹介および今後のスキルアップのための留意点など

5. お申し込み・お問い合わせ

電話またはお問い合わせフォームにてご連絡ください。